sfaツールの強みを紹介

戦略的な営業ができるcrmとは

crmといえば、顧客関係管理ツールであることは広く知られるようになりました。導入することで得られるメリットとは、いろいろとあります。その中でも戦略的な営業活動ができるようになる点は、とても重要です。今までの属人的な営業では、担当者の感覚で判断していました。

それでは組織が求める内容で納得されているか、わかりません。自社が提供する商品やサービスのアピールポイントを正確に伝えることが、統一された営業活動といえます。その場合、明確な指標が必要となります。そのアピールポイントを見つけることができるのがcrmです。

理想的なcrmの使い方とは、顧客と実績を分析してニーズを明確にすることです。明確になったニーズは間違いなく自社の商品やサービスのアピールポイントです。それをどのように使うかも分析によって判断します。それは成功例から最も有効な手順を確認し、それを水平展開します。

それでも顧客によってある程度調整が必要になることがあります。それは顧客のグルーピングによって対応可能です。タイプに分けた顧客像に対して適切なタイミングで資材を提供する、想定される質問に適当な回答を行い、良い流れを作るといった営業です。質問痛いして調べてきますではなく、こちらからしっかりと説明できるところが、印象を良くします、その際に自分たちが進めたい部分だけを話してしまっては、イメージを悪くします。

まずはニーズを明確にしてそれを満たす、戦略的な営業を展開することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です