sfaツールの強みを紹介

crm導入後の注意点とは

crmを即効性のあるシステムと思っていると、期待外れに終わるかもしれません。顧客関係管理ツールとは、道具であって使い方によって得られる結果は大きく変わってきます。そのため過度に期待したり、導入するだけなんとかなると思っていると、作業が増えるだけで何のメリットも有られないでしょう。理想的なcrmの使い方とは、PDCAサイクルを回すことです。

PDCAは、計画から始まって計画通りに実行、実行した結果を分析し、わかったことを改善という一連のサイクルになっています。crmに必要なのは、この繰り返しであって地道な作業になります。だから短時間で結果が出ることはありません。まずは計画として、顧客のニーズを明確にすることを始めます。

データを入力し、分析を行います。ここで行う分析は、グルーピングによって顧客のパターンを区別することです。ある程度のパターンができたところで成功例の共通点を見つけ出します。その共通点がニーズであるはずで、そこを伸ばしたり維持したりすることが、事業の継続に必要です。

分析で判明したニーズを営業活動に落とし込む改善を行います。ニーズが明確な営業であれば、自信を持って話ができるため成功率が高まるでしょう。結果はさらにデータとして蓄積され、分析の後で改善に使われます。このような活動を繰り返すことで、確度の高い顧客像が出来上がります。

既存顧客だけではなく、潜在顧客の発掘や見込み顧客へのアプローチに使えば、さらに売り上げを伸ばすことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です