sfaツールの強みを紹介

crmとは一体何なのだろう

crmとは顧客との関係を管理するマネージメント手法の事で、顧客満足度を上昇させる事で、ビジネスを成功に近づけさせようとする大切な取り組みの事です。例えば管理される項目の例として挙げられるのが、顧客が属している物や氏名や性別や年齢や生年月日や住所、メールアドレスや職業や趣味嗜好や購買履歴等です。コンピューターのシステムが処理するのですから、1元的と言えばそうであるのですが、人それぞれの膨大な情報をまとめようとしたら大変な事になるのかもしれません。しかしながらcrmとは、市場環境の急速な変化に伴い顧客情報の蓄積や管理が様々な角度から徹底分析され、顧客の嗜好にあった製品やサービスを提供する為に生み出された物で、ITシステムを前提として稼働する様になってきました。

代表的な活用事例として、オペレーターが電話の発着信や通話をコンピューターが行う事と連動する事で、画面上に現在の通話相手に関連する情報を示したり、新しい情報を入力したりする事ができます。crmとは1種の機械的な役割を果たしてくれる訳ですけれども、コールセンターやクレームを受け付けるアフターサービスでもその効能を力のある限り発揮してくれます。また作業依頼や部品の調達等ソリューションを選択する事で、業務の効率が上げられます。営業支援や販促やポイントカード管理や見込み客管理も全て実用事例が示されているのです。

コンピューターの後の人による実施訓練の大事な重要ポイントとなる様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です