sfaツールの強みを紹介

業務効率を上げるには顧客管理ツールを使いこなす

顧客管理ツールは顧客の情報を管理して商品やサービスの販売などに活かすというもので、色々な種類があります。最も利用されているものとしてはCRMがあげられ、これは顧客との関係性を管理するためのものです。顧客管理ツールの代表格といえるでしょう。そのほかにも、営業業務の効率化を図るSFAやマーケティングの支援をするMAがあげられます。

多くの企業で導入されているエクセルも、顧客管理ツールの一種となります。顧客管理ツールの主な機能は、顧客の指名や所属する会社・部署の管理です。名刺をスマホで撮影するだけでシステムの中に登録できるので、名刺を紛失しても安心です。社内の人が自由に閲覧でき、業務に活用することができます。

そして、過去の商談や購買履歴の管理もされています。この顧客はいつ何を購入した、購入する意欲があるかどうかもわかるため、効率的な営業・販売活動が行えるのが利点です。より購入確率の高い顧客を狙い、営業をかけることができます。そのほか、メールマガジンや広告の開封率も知ることができます。

どれだけマーケティングの効果があるか図ることができるため、次の戦略を練ることができるでしょう。CRMやSFAなどを組み合わせることによって、より強固な業務戦略を練ることができます。そのため、多くの企業が業務の効率化や売上アップを目指し、顧客管理ツールを導入しています。情報をどのように使いこなしていくかが、次の課題となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です