• おすすめのエイジングケア化粧水とは

    エイジングケア化粧水は保湿成分だけでなく、エイジングケア効果が期待出来る成分が一緒に配合されているものです。

    30代から使用を始める人が多く、しわやたるみ、ほうれい線などが目立つようになる頃に、それらを予防したり改善を目的として使われます。

    エイジングケア化粧水に定義はありませんので、メーカーがそう売り出せばそれを信用して購入するしかありません。失敗することなく選ぶには、エイジングケア成分に関する知識を持つ必要があります。


    選ぶコツとしては、悩みを把握してそれを予防または改善が期待出来る成分を考慮し、配合されている製品を選びます。

    例えばしみやくすみ、毛穴の開きにはビタミンC誘導体やコラーゲンが配合されているもの、たるみやほうれい線にはビタミンC誘導体とコラーゲンに、ヒアルロン酸やセラミドがプラスされたものが良いです。

    化粧水のエイジングケア使いやすさが好評です。

    有効成分は一つだけよりも、複数使う方が相乗効果が得られるとされています。
    有名な成分であるビタミンC誘導体ですが、どちらかと言うと美白のための成分だというイメージを持つ人が多いです。


    しかし、ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成をサポートするのでハリがアップし、それだけでなく美白効果でくすみを改善したり、毛穴の開きが目立たなくなるという効果をもたらします。



    ビタミンC誘導体はとても優れたエイジングケア成分だと言えます。



    その他にも、アスタキサンチンやトラネキサム酸などもおすすめ成分です。


    また、浸透力の良い化粧水を選ぶ必要があります。ゴワついた肌は有効成分が入っていかないため、角質を柔らかくすることが大切です。


    ヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸やリピジュアなどの水溶性の保湿成分が使われているかどうかも、選ぶ時のポイントとなります。