カラーコンタクトレンズをする時の注意点

by:

コンタクト生活生活/暮らし

カラーコンタクトレンズの中には、通信販売や小売店で簡単に購入することが出来る製品もあります。眼科で取扱っているような色素がしっかり埋め込まれていて、表に色素が出てこない商品は目に障害を与えることは少ないですが、薄い皮膜を色素の上に覆っているだけの製品の場合、色素がすぐに出てきてしまい目に障害が起きることもあります。吹き付け型や埋め込み型の製品の中にはこすり洗いをすると色落ちするカラーコンタクトレンズも存在します。カラーコンタクトレンズは酸素を通しにくい素材で作られていることも多いため、充血しやすいという特徴もあります。

カラーコンタクトレンズは通信販売などで気軽に購入出来る製品もあるため、眼科に行って検査をせずに適当に装着する人もいます。レンズを付けたまま眠ってしまったり使用期間を守らずに装着する、友達とレンズの貸し借りをする、透明な度入りレンズと2枚重ねて使用するなど、正しい装着方法を守らない人も多くいます。何度も目が痛くなったりしているにも関わらず使用方法を守らずに使い続けていると、ドライアイになったり、感染症を起こして角膜が白くなって失明状態になってしまうことも。カラーコンタクトレンズも自分に合ったものを医師に処方してもらった上で使用期間を守り、正しいレンズケアを行えば目に障害が出る可能性は低くなります。

目が多少痛くても気のせいだろうとそのまま使い続けるのではなく、目に異常を感じた時はレンズの使用をやめてすぐに眼科を受診することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です