眼精疲労を感じた時の対処法

by:

医療眼精疲労

眼精疲労は疲れ眼とも言われており、そのまま放置してしまうことが多いです。目がかすみものが良く見えない、なんとなく頭が重いといった場合は目を酷使している可能性があり、適度に休憩をとって対処しなくてはなりません。眼精疲労の対処法は目に直接働きかける方法と、体の内側から働きかける方法とがあります。目に直接働きかける方法では、まばたきを多めにする、遠くを見るなどの他、ホットタオルやアイマスクでリフレッシュする、目の体操をするなどのことを行います。

ホットタオルは目の状況によって行うのが良く、寝る前はほんのり温めたタオルで目の周りを温め血行を良くします。ですが何かに集中し目を酷使した場合は通常よりも多くの血液が送り込まれているので、このような時には冷たい水で絞ったタオルを目にあてます。充血が起きているときも冷やした方が良いので、自分の目の状況を見て選ぶと良いでしょう。体の内側から働きかける方法では、食べ物に注目します。

目によいと言われている栄養素は数多くありますが、そればかりを摂取していても目に良くありません。どの栄養素もまんべんなく摂ることが大切になります。代表的な栄養素ではビタミンAやB、DHAやアントシアニンがあります。ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれており、老化防止や視力低下予防につながりますし、ビタミンBは多くの目薬の成分にもなっています。

DHAもまた眼精疲労に良いとされており、疲れ眼やドライアイを改善へと導きます。青魚やマグロなどの赤身の魚に多いので、意識して摂取すると改善していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です