眼精疲労対策を日々の生活に取り入れよう

by:

医療眼精疲労

よく耳にする眼精疲労という言葉ですが、その原因はたくさんあります。パソコンやスマートフォンでの目の使いすぎはもちろん、同じ姿勢での長時間作業や紫外線の強さ、周囲の騒音によるストレスや不快な臭いによるストレス、風が当たりすぎる環境や合わない眼鏡とコンタクトレンズ、ドライアイや精神上の問題など、日常生活の中にすっかり入り込んでいるようなことばかりです。なかなか痛みが取れず諦めている方も多いでしょう。しかし日頃のちょっとした工夫で痛みはかなり和らぐのです。

ここではそのいくつかの方法をご紹介します。目の周りの筋肉をほぐす動きやストレッチするために遠くを見ることです。そして時々まばたきを意識しながら目を休ませましょう。目の周りのツボのマッサージも有効です。

そのほか目に良いと言われる食べ物のブル-ベリ-やカボチャやうなぎなど、積極的に取り入れてみましょう。またドライアイ対策として目のふちを清潔に保つためアイメイクも控えめにしましょう。普段使っている眼鏡も数種類揃えておくのも有効です。近くを見るパソコンやスマートフォン用、スクリーンを見る映画用、強敵な紫外線をカットするサングラスやブルーライトカットタイプなどを用意すると良いでしょう。

そして大事なのは姿勢です。パソコンやスマートフォンを長時間使うときは、特に意識して姿勢大事です。その時の照明や画面の明るさも大きく影響しますので眩し過ぎないように設定しましょう。眼精疲労対策は目の部分だけにアプローチしがちですが、全身の不調や心身のストレスが強いことも大きな原因になりますので注意が必要です。

日頃のちょっとした工夫で改善できる眼精疲労対策、ご自分の生活スタイルの見直しから始めるときっと効果を感じられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です