眼精疲労が生じたときの対処法

by:

医療眼精疲労

花粉症や片頭痛や神経痛や口唇ヘルペスや微熱や肩こりや筋肉痛や関節痛や便秘や手足のしびれや腰痛や帯状疱疹やめまいや耳鳴りや頻脈など、病院で本格的に治療を受けるほどの不調ではないけど不快で日常生活に支障をきたす不調は数多くありますが、眼精疲労もその代表格です。目の奥がえぐられるような感覚を覚えたり重たい鈍痛が続いたり充血が生じたり文字を読む気が失せたりなど、眼精疲労の症状が悪化し困っている方は多いのではないでしょうか。目薬をさしてビタミンB群などの栄養を与えたりマッサージやツボ押しをしたりなどの簡単な対処で改善しない場合は、体質改善を目的とした対処をすべきです。目の使い過ぎや紫外線ダメージや乾燥やコンタクトレンズの異物感や度数が合わないメガネなども眼精疲労の原因になりますが、血行不調も影響するということを知っておきましょう。

血行不良により目の周辺の筋肉が凝り固まって緊張状態に陥ることが眼精疲労を加速させますので、血行を促進させるための対策を講じてめぐりの良い体質に改善させるのが効果的です。具体的にやるべきことについてですが、筋トレや筋膜リリースや入浴や水分補給や骨盤矯正などがあります。筋肉は血液・リンパ液の流れを促すポンプ的な役割を果たします。ハムストリングスやヒラメ筋や大殿筋や広背筋や腹筋など大きい筋肉を鍛えれば、血流がスムーズになります。

フォームローラーによる筋膜リリースをプラスするとさらに効率良く鍛えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です