眼精疲労の原因は作業環境や目・身体の異常

by:

医療眼精疲労

眼精疲労は休息や睡眠を取っても目の疲れが取れない状態のことです。疲れ目と混同されることがありますが、疲れ目は休息を取れば回復しますが、休んでも改善しないのが眼精疲労です。主な症状に目の充血やまぶたがピクピクする、目が重いといった状態があげられますが、この他にもイライラする、吐き気がするなど全身に及ぶこともあります。人によっては症状があっても原因がわからないため不定愁訴だと診断されることがあります。

眼精疲労の原因は複数の要素が絡んでいると考えられています。大きく分けると身体の異常、作業環境、目の異常があり、身体の異常は全身のどこかに問題があるときに目に負荷がかかるというものです。例えば精神的ストレスによる自律神経の乱れ、仕事による疲労の蓄積、脳神経系疾患や糖尿などが隠れている場合です。目の異常も眼精疲労の原因だと考えられます。

近視や遠視、斜視で常にピントを合わせるために筋肉が緊張した状態のときです。こうした状態は筋肉の疲労だけでなくドライアイの原因にもなります。改善にするにはピントを合わせやすくするために適正な度数のメガネやコンタクトレンズを使用します。目の疲労を招く作業環境も眼精疲労の原因の1つです。

パソコンやスマートフォンを長時間使用する、連続したVDT作業や照明のちらつき、画面への光や映像の映り込みなどです。また紫外線を目から吸収することで疲労物質が分泌されることも知られているので、屋外に出るときはサングラスをかけるようにして目を紫外線からガードします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です