目の症状であるドライアイ

by:

ドライアイ医療

ドライアイは目に起こることがある症状です。目が乾燥しやすい状態になってしまうことが、この症状の特徴です。目が乾きやすくなってしまうのは、涙が出る量が少なくなっているからです。涙は目を潤った状態にするためには欠かせないもので、目に必要な潤いがないと、さまざまな病気の原因となることもあります。

涙が出る量自体が減少することによってこのような症状が現れる場合もあれば、それ以外の原因で発症することもあります。液体としての質が変化することによって、眼球の表面全体に行きわたらなくなるようなこともあり、この場合にも乾燥の原因となります。ドライアイは、さまざまな原因によって発症する可能性がある症状です。特定の仕事をしている人に起こりやすい症状で、特に目を良く使っている仕事をしている人が発症しやすくなっています。

パソコンを長時間見ながら仕事をしている人などもドライアイになりやすく、症状が進行すると仕事に影響を与えてしまうこともあります。エアコンの使用によってドライアイになることもあります。エアコンは部屋の中を乾燥した状態にするため、エアコンが効いている部屋で一日中過ごしている人などは、特に症状が現れることが多いです。コンタクトレンズを使用している人も、ドライアイになってしまうことがあります。

コンタクトレンズを使用することで、涙が気化しやすくなってしまうので、乾燥した状態になってしまいます。目の乾燥はまばたきを頻繁にすることで予防できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です