ドライアイの主な症状と治療法について

by:

ドライアイ医療

パソコンやスマートフォンなどの情報機器が日常生活に欠かせないアイテムになっている昨今、それに伴ってさまざまな目の症状を訴える人が増えてきました。ドライアイも、そうした症状の1つです。ドライアイは、涙の量が不足したり成分バランスが崩れたりすることによって目が乾燥することをいいます。涙はうるおいによって目の表面を保護したり、眼球を構成する細胞に栄養を補給したりする役目を果たしていますが、ドライアイはこの機能が弱まることで発症します。

ドライアイの主な症状は、目が疲れやすい、目が乾く、物がかすんで見えづらくなるなどです。まばたきの頻度が増え、絶えずまばたきをしていないと我慢できないといった症状があらわれることもあります。発症する要因はいくつかありますが、やはり大きいのは目が乾燥しやすい生活環境にいることです。エアコンの使用によって空気が乾燥した室内にいる、パソコンやスマートフォンの画面に集中してまばたきの回数が減る、などが主な要因となります。

加齢によって涙の分泌量が減少することも、要因になり得ます。また、結膜弛緩症やシェーグレン症候群などの眼病が原因で引き起こされることもあります。発症原因がさまざまであることから、ドライアイの治療法もまたその原因や症状の程度に応じていくつかの選択肢があります。しばしば行われるのは点眼薬による薬物療法ですが、患者ごとに成分が工夫されます。

涙点プラグと呼ばれるシリコンや合成樹脂でできた治療器具を目に挿入するという治療法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です