ドライアイのリスクと対策について

by:

ドライアイ医療

ドライアイは、眼を守る役割を果たしている涙が不足したり、涙を構成する成分のバランスが崩れたりすることで、眼に涙が均等に行き渡らなくなる病気です。ドライアイは、まばたきの少なさや空気の乾燥などが原因で起こる病気で、長時間にわたってPCやスマホなどの画面を見続ける、長時間にわたるコンタクトレンズの使用、エアコンによって乾燥した部屋に長時間居続けるといった行動によって発症するリスクが高まります。また、ドライアイと聞くと、眼が乾燥する病気というイメージを持っている方が多いかと思いますが、乾燥以外にもゴロゴロとした異物感や眼の重たさ、疲れやすさを感じるとともに、眼の充血や痛み、目ヤニが増えるといった症状が現れるケースも少なくありません。加えて、つらい症状が起こるだけでなく、モノがかすんで見えたり、光を眩しく感じたりする恐れもあります。

場合によっては視力の低下につながることもあるので、少しでもドライアイの疑いがあるのであれば早めに対処することが大切です。ドライアイを予防・改善するには、意識的にまばたきをするとともに、PCやスマホなどを長時間操作する際は適度に休憩を挟むことが重要です。また、目薬で不足した涙を補うのも効果的です。特に、乾燥しやすい冬場や、エアコンが効いた部屋などの乾燥しやすい場所では、意識的に目薬を使用して眼に潤いを与えてあげると良いでしょう。

なお、目薬を使用した後は、しばらく目頭を手で押さえて静かに目を閉じておくと、目薬を均等に行き渡らせることができます。ドライアイのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です