疲れ目を予防する方法

by:

生活生活/暮らし疲れ目

疲れ目を感じ始めてから対策を行うよりも、感じる前に対策を行った方がはるかに効率的です。予防といっても難しいことを取り入れる必要はなく、簡単に取り入れられる方法から取り入れるので構いません。例えば、近くのものをずっと見ていた時には意識的に遠くを見ることで筋肉を緩めることができます。近くの焦点が合っていると筋肉が収縮し、それが疲れ目につながりますので、1時間に数回は遠くを見て目の筋肉をほぐすように心がけることが大切です。

抗酸化作用のある食材を摂取することも有効な対策と言えます。普段からバランスの良い食生活を送っている人でも疲れ目を感じることがありますが、それは抗酸化作用を含む食材が不足している可能性があります。取り入れたいのはアスタキサンチンやルテイン等であり、どちらにも非常に強い抗酸化作用がありますので効果的です。食材で取り入れるのが難しい場合には、サプリメントを飲むのもOKです。

サプリメントには様々な工夫がされていて、吸収しやすいように作られているものも多いので、実はとても効率的な方法と言えます。あまり知られていませんが、ストレスをため込むことでも疲れ目になる可能性があります。過度なストレスを抱えている時には涙の分泌量が減って目が乾きやすくなり、潤いが減ることで疲れを感じるようになるため、ストレス対策も必須です。現代はストレス社会と言われていますが、適度な運動を心がけたりリラックスできる時間を作ると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です