原因を知って取り入れたい疲れ目対策

by:

生活生活/暮らし疲れ目

疲れ目に悩んでいる人は、まずは原因を知ることから始めなければなりません。もっとも多いのが目を酷使していることであり、現代人はパソコンに向かう時間が増加していますので仕事柄疲れ目に悩まされている人も大勢います。また、スマートフォンの普及によっても酷使してしまうことが増え、同じ姿勢で長時間の作業を行っていたり、紫外線の強い場所で過ごすことが多い人も問題を抱えていると言えます。メガネやコンタクトをしている人は、度数等が合っていないこともトラブルの原因になりますので、合ったものを使うことが大切です。

他にも精神的なストレスや全身の健康問題、ドライアイといった原因があり、疲れ目を感じている時には原因を探る必要があります。何らかの思い当たることがあれば、それを改善することから始めるべきですが、何も思い当たらない時にはすぐにできる対処法を実践するのがお勧めです。簡単に取り入れられる方法として、こまめに休憩を取ることは多くの職場で推奨されています。作業中には姿勢にも気を付け、照明や画面がまぶしいと感じる時には調整を行います。

近くばかりを見ている人は、一定時間ごとに遠くを見るように心がけることも対策の一つです。近くばかりに焦点が合ってしまうのが問題ですので、時々は遠くを見て筋肉の緊張を和らげます。自宅に帰ったら目の血流を改善するためにホットタオルを当てることはとても良い対策です。ホットタオルの温度には注意が必要であり、気持ち良いと感じる程度の温度にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です