日常生活の中でできる疲れ目対策

by:

生活生活/暮らし疲れ目

目が疲れたと感じたら、すぐに実践できる疲れ目を行うことが大切です。効果的なものであっても実践するのが難しかったり大変な方法では続けることができませんので、気が付いた時に実践できる方法を取り入れる必要があります。今すぐにできる疲れ目として、瞬きをしたり作業中に適度な休憩を取るのは有効です。集中しているとまばたきをすることを忘れてしまうことがありますが、意識的に行うことで目の周りの筋肉をストレッチできます。

遠くを見ることも疲れ目対策になり、凝視するのではなくぼんやりと眺めることで緊張が緩和されます。視力回復では遠くにあるものに焦点を合わせると良いとされますが、疲れ目対策では集中せずに眺めることが大切です。そうすると、近くを見る時に緊張する毛様体筋がゆるんで筋肉をリラックスさせることができます。焦点が合いにくくなってぼやけてしまう時には、近くと遠くを交互に見ることで改善される可能性大です。

寝る前のホットマスクや蒸しタオルも血流を改善して疲れた目をいやしてくれる方法です。体の内側からケアする方法もあり、目に良いとされる栄養素を取り入れることが良い対策になります。目に良いとされる栄養素はいくつもありますが、その中でもアントシアニンやルテイン、ビタミンA等は積極的に摂取したい栄養素です。痛みを伴うような疲れ目の場合には、ほぐす体操をするのもお勧めです。

上下を交互に見たり、目をぐるぐると回すと効果を実感できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です