疲れ目を感じたらすぐに対処

by:

生活生活/暮らし疲れ目

疲れ目を感じたら、無理をせずにすぐに対処することが大切です。集中して何かを行っている時には疲れていることにも気づかないことがありますが、痛みが出てきてからでは対処が大変ですので、できればこまめに休憩を取って目の健康を維持できるように心がける必要があります。作業中にできる疲れ目としては、遠くをぼんやりと見るのがとても効果的です。何かをしている時には目の周りの筋肉が緊張していますが、遠くをぼんやりと見つめることで緊張がほぐれてリラックスした状態を作れます。

帰宅後にやっておきたいのが、血流を改善させて疲れ目を解消するための対策です。取り入れるのはホットタオルやアイマスクであり、温かいものを目の上にのせることで血流が良くなって、目に酸素や栄養素が行き届きやすくなります。その結果疲れが和らぎますので、集中して作業を行った日は積極的に取り入れたいところです。目の周りの皮膚はデリケートですので、温度には気を付けて温めにすることが重要なポイントです。

いつでもできる疲れ目として、目薬を差すことがあげられます。目薬は自分に合うものを持ち歩き、疲れを感じたら使用して少し目を閉じたままでいましょう。光が遮光されるだけでも目を休めることにつながりますし、目薬の成分には疲れ目を解消するものがたくさん含まれています。ツボを押すのも良い方法ですので、くつかのツボを覚えておいてちょっとした合間に実践するのも良い方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です