ココが違う!コピー機リース

ランニングコスト削減

コピー機はリースがお得

time 2021/01/21

コピー機はリースがお得

コピー機をリースする場合、通常3年から6年での契約となります。契約期間を終了した後は、買い取ることもできますが、故障リスクを考えると新しいコピー機に変えて、リースの再契約をした方がメリットが大きいと思われます。5年も経過すれば最新機種の性能もかなり進化しています。また会社の経費で落として税金対策とする場合も、リースの方が買い取りよりもメリットがあります。

コピー機のリース契約の際に悩むのは、機種選びではないでしょうか。国内メーカーは、「キャノン」「富士ゼロックス」「リコー」の3社が全体のシェアー7割を占め、残り3割は「京セラ」「東芝」「シャープ」「コニカミノルタ」などが分け合っています。メーカーによってコピーの美しさやスピード、使いやすさなどそれぞれに特徴がありますので、比較検討する必要があります。そして、どのような性能を求めているのかによって機種選びを考えていくことが大切です。

費用に関しては、機種代となるリース料金と、トナー代やメンテナンス代となるカウンター料金の二つとなりますが、どちらも交渉しだいで大幅値引きが可能です。機種代であれば最低でも半額、うまくいけば7割引き以上が可能ですし、カウンター料金の相場はモノクロ1枚につき1円を切っています。新型コロナウイルスの問題で需要が落ち込んでいる今、各メーカーや代理店は大幅値引きを実施中なので、買い替え時期としてはチャンスだと言えます。

down

コメントする