業務に必要とわかってはいても、新規で何かをオフィスに導入をする際、初期費用という大きな出費がのしかかってきます。それはコピー機の導入時でも同じであり、買うとなれば購入資金は多額です。毎月決められたリース料のみの支払いの方法なら、購入をするような高額な初期費用は掛かりません。おかげで機器を購入するような、多額の出費が出ませんので、その分を会社の運転資金として大切に留保することができます。

会社の資金の運用を、コピー機のリース契約をすることで、賢く効率的に行うことができるのは大きな利点です。資金を上手に運用することで、プラスの利益が生まれていきます。経費での処理をすることができるのも、コピー機をリースで導入をするメリットです。償却期間の短縮も不可能ではないのは、契約期間を法定耐用年数を待つことなく、もっと短い期間設定で契約をすることもできます。

財務比率の悪化を招くことがないのは、自社での購入機器とは異なりますので、固定資産への計上とはならないためです。ただでさえも企業における事務処理は毎日忙しいものですが、そのうえ管理事務処理が増えるのは、余り喜ばしくはありません。もしもOA機器を買うとなれば、諸税の申告や納付もありますし、償却事務や保険類の手続きも出てきて、煩わしさは倍増です。こうした手間がかかる面倒な事務処理は、コピー機をリースで導入すればありません。

事務仕事はそれだけでも、かなり合理化することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *