コピー機を短期間だけ使用したい場合は、レンタル契約をするのが便利です。リースの場合は最低契約期間が定められているケースがほとんどであり、年単位でリースし続ける必要があります。しかし借りるだけであれば、数か月、数日のような短期間での契約が可能で、柔軟に利用できる点がメリットです。また、リースは契約を途中解約する場合に違約金が発生しますが、レンタルでは途中解約可能な場合が多く、違約金も発生しないためいざという時でも支出を抑えることができます。

その他にも、コピー機のレンタルには初期費用が不要だったり、契約にあたって厳しい審査もありませんし、かかった費用を経費として計上できたりと、様々なメリットがあります。機械本体の保守や消耗品についても料金に含まれていることが多く、維持管理が簡単な点もメリットです。しかし一方で、デメリットもあります。それは、借りられるコピー機は中古のものが基本であり、最新の機種に関しては取り扱いがないということです。

よって最新の機種・機能を希望している場合は、妥協しなければいけない場合がほとんどです。更に、コピー機を長期間でレンタルした場合は、リースするよりも割高になることがあります。そのため、契約期間と料金をしっかりと確認しながら契約することが大切です。以上のように、コピー機のレンタルにはメリットとデメリットがあります。

これらを正しく知った上で、賢く契約・利用することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *