コピー機をビジネス目的で利用する場合で、なおかつコストの理由で購入は困難という事情を抱えているならば、レンタルかリースの方法で導入することになります。ここで問題になるのが、どちらの方法を採用すべきかという点です。この点、それぞれの方法の特徴、およびメリットやデメリットを理解しておくことが不可欠になります。まずレンタルの特徴は、コピー機本体の価格がリーズナブルであることが多い分、ランニングコストが高めになる傾向があります。

また、中古品の導入となるため本体価格は安く済むケースが多いのですが、型落ちした機種であるがゆえに1枚当たりの印刷コストが高くなる傾向が見られます。つまり、コストパフォーマンスがあまり良いとは言えないデメリットがあるのが一般的です。ただし、レンタルサービスを利用すれば事前の審査が存在しないため、法人だけでなく個人事業主やフリーランスなど、幅広い方が手軽にコピー機を導入出来るメリットがもたらされます。契約期間も比較的自由に設定することが可能です。

一方、リースについてはコストパフォーマンスが良いことが大きな利点とされます。その理由は、新品のコピー機をレンタルよりも手頃な価格で導入することができるからです。初期費用が安く、ランニングコストも比較的低額ということで、日本企業の多くがリースでコピー機を導入しています。しかし、事前に審査が不可欠なので、経営が安定している法人向けのサービスと言われています。

以上のように、コストパフォーマンスを重視するか、使い勝手の良さを重視するかで選択肢が異なってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *