家庭で数枚のコピーをするときはプリンターやFAXなどを利用したり、そのような機器がない場合はコンビニなどに設置されているコピー機を利用することができますが、数百枚や数千枚以上コピーをしなければいけない法人の場合は、家庭用のプリンターやコンビニの機械を借りて行うことは困難です。そのため法人や団体では自社でコピー機を購入して置いておく必要が出てくるのですが、購入するなら100万円以上かかりとても高額の出費となります。またこれまで置いていたとしても機種が古くて、使いたい機能がついていないなど新しいものを購入する場合も、さらなる費用が掛かってしまいます。そこで、コピー機をレンタルするという方法があるのです。

今後もずっとコピー機が必要だけど購入するには費用が掛かりすぎるという場合、月々の料金を支払ってレンタルすれば、希望の機種でも購入するほどの料金がかからなくて済みます。料金には本体のリース代と印刷枚数によってかかる費用が含まれます。1か月にどれだけの枚数を印刷するのかということが事前にわかっていれば、その枚数に応じたコピー機をレンタルすることが可能です。枚数が多いほど印刷速度の速いものが使えれば、業務の効率化が図れます。

またカラー印刷なのかモノクロなのか、契約年数を何年にするのかでも料金は変わってきますが、レンタルだと自社の印刷業務に合わせた機械を導入することができるのです。このようなレンタルを行う業者もたくさんあるので、導入を考えるときは数社で比較してみて、自社に合った機械の導入が勧められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *