オフィスではさまざまな機器が利用されていますが、書類のコピーにはコピー機は欠かすことができません。業務用のコピー機は大量の印刷も短時間でできるのが便利ですが、業務用の高性能な機器を導入するとなると多くのコストも発生します。できることなら、導入費用は抑えたいと考えている企業も多いのではないでしょうか。コピー機を安く導入するのであれば、購入ではなくレンタルを選ぶこともおすすめです。

レンタルの場合は新品ではなく、中古機器が提供されることが多くなっていますが、まとまった出費は発生しませんし、利用期間が過ぎたら返却するだけなので管理や処分の手間もありません。減価償却や固定資産税もありませんし、審査の必要がなくすぐに導入できるのも利点です。レンタルでは、カラー印刷のできる複合機やモノクロ専用のものもありますので、それぞれの使い方に合う機器を選んでいきましょう。リースと似たイメージがありますが、リースの場合は長期契約となり途中で解約することはできません。

その点、レンタルなら最短で一日など短期間から利用できること、途中解約ができるという違いがあります。長期間で利用する場合は、リースのほうがお得になることもありますので、使用期間に応じて最適な方法を選んでいきたいところです。用意している機器やサービス内容の良さ、料金などは業者ごとに違いがありますので、申し込む前にはじっくりと比較して安心して利用できる業者を選んでいきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *