今や在宅勤務が進み、ハンコ廃止の機運も高まり、オフィスのスリム化やペーパーレス化も進んできました。今まで大型のコピー機を何台も購入したりリースで利用している会社でも、これからはレンタルの時代かもしれません。コピー機のリースは3年~6年くらいの長期契約が基本です。途中解約は原則としてできませんが、長期の契約になるので月々のリース料は借りるよりも割安です。

一方、コピー機をレンタルの場合は最短では1日だけでも借りられるし、1か月、3か月など短いスパンでも契約が可能です。仮オフィスやイベント時など短い期間だけ使いたい時には便利です。また、6か月など長く借りる予定であっても、途中で予定が変わったら解約できる会社が多いようです。また、審査がないので、レンタルであれば誰でも手軽に借りることができます。

こうしたメリットの反面、デメリットもあります。まずは料金面です。レンタルは1か月2~3万円以上かかりますが、リースだと月3000円程度で借りられる会社もあります。レンタルの場合は初期費用がかかりますが、リースでは初期費用がかかりません。

ただしリースは割安でも長期に契約料を払い続けるので、長い目で見れば割高になる可能性もあります。コスト面を比較するなら、どのくらいの期間使うことになるので、長い目で考える必要があります。また、借りるときは最新機種や好みのメーカーなどを選ぶことができず、古い機種をわりあてられる可能性もあるのです。でもリースなら最新機種やメーカーを指定することが可能です。

さまざまな面から比較検討して、どちらがよいかを選択するほうがいいでしょう。コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *