コピー機のレンタルは短期契約に向いています。企業によって変わるかもしれませんが、ほとんどのレンタル企業は3年間の契約です。また、途中解約も出来ますので、短期的に借りるという人には向いているというわけです。リースの場合は5年間という長期契約ですし、なにより途中解約が出来ませんので、どうしても長期契約をしなければいけなくなります。

なので、コピー機を短期契約したいという人はレンタルを利用しましょう。また、短期契約と言っても様々あり、なんと数日だけ貸してくれるというサービスもあります。これでしたら、数日間だけ使いたいという人にもおすすめ出来るのです。例えば、3か月間だけ使いたいという人がいても、それに合わせた契約を結ぶ事が可能というわけです。

しかし、コピー機のレンタルは初期費用(設置費用や運搬費用など)がかかるというデメリットがありますし、機種が選べないというデメリットもあります。また、支払額がリースよりも高いので長期間使い続けるのには向いていません。しかも、基本的に中古品が来ますので、その辺を考慮した上で利用しましょう。お得に使えるという人は、短期間での契約という部分が合っているという人です。

基準は人によって変わりますが、とにかく使用期間を3年未満だと見ている人はレンタルで、3年を超える場合はリースにしましょう。もし、これを長期契約した場合は、料金がリースよりも割高になりますので、コストパフォーマンスが悪くなってしまうのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *