コピー機をレンタルするときの注意点は、機種の古さです。レンタルの場合、扱う機種が古かったり、使用できる機能に限りがあることもあります。最新機種だったら、すぐに解決ができる問題でも、古い型の場合はなかなかスムーズにいかず、結果的に業務に支障をきたすというケースも考えられます。また、新品と比べると、使用できる機能が少なかったり、故障する確率がかなり高いため、使い始めてすぐに機械に不具合が起きることもあります。

使い方がわからずにトラブルに発展することもあるので、まずは、製造年月日や使用年数、どんな機種なのかを詳しく調べてからにしましょう。製造年月日が比較的新しかったり、使用年数が少ないものを選ぶことが大切です。そして、レンタルということは使用した後は返却しなくてはならないということも注意点になります。乱暴に扱ってしまい故障させてしまった場合には、損害賠償金を請求される可能性もあるのです。

コピー機をレンタルするときには、万が一故障した場合にはどのような流れになるのかをきちんと確かめておきましょう。レンタル会社が修理をしてくれるのかどうかを確認しておくことが必要です。必ず契約書を確認してみるようにしましょう。コピー機は短期間だけ使用するというときには、とても便利で使いやすいのが特徴です。

しかし、機種や扱い方について事前に調べておかなくては、後でトラブルになることも考えられるため、慎重におこないましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *