最近はコンビニエンスストアやデパートなどのさまざまな場所でコイン式のコピー機を見かけますが、これらは家庭で同じ文書を複写したい場合などのちょっとした用向きにはたいへん重宝します。しかしビジネスとなるとわざわざコンビニエンスストアまで出向いてコイン式コピー機を拝借するにはあまりにも頻度が多く、無駄の多い結果となってしまいます。かといっても新規でメーカーから購入するのに必要な経費がないのであれば、やはり購入以外の方法でオフィスに導入するのが得策です。このような場合に最適なのはレンタル方式を採用することですが、これにはさまざまなメリットがありますので、最大限にそのメリットを生かしてみたいものです。

コピー機を購入の場合と同じように使用できるにもかかわらず、経済的な負担が少ないのは特筆されるメリットのひとつです。購入であれば一度に現金が必要なところ、レンタルはわずかな金額を日割り単位か月割り単位で支払えばよいため、予算があまりない場合であっても安心です。またリース方式との比較でいえば、事前の審査が必要ないことも挙げられます。審査があると中小企業などは審査落ちしてしまう懸念がありますが、審査がなければ気軽に申し込むことができますし、しかも審査がない分だけ納品までのスピードが確保できるところも大きな魅力です。

ほかにもレンタルであればリースのように何年も契約を継続しないで済み、必要なときに必要な期間だけ契約できるのも特徴となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *