コピー機はメーカーから直接購入すればかなりの高額になってしまうことは否定できませんが、わざわざ購入しないでもレンタルですませる方法があります。

これはオフィス機器を専門的に取り扱っているレンタルショップとの契約で、在庫となっている中古機種を一定期間にわたって貸し付けてもらう方法であり、基本的に使った分だけのレンタル料金を支払えばよいのできわめて合理的な方法です。もちろん在庫に新しい機種がなければ性能や機能の落ちた製品だけしか使用できなくなることがありますが、最近ではどのようなショップでも新製品は置いているのがふつうですので、それほど心配するにはあたりません。リースとは違って短期間の使用であっても途中解約や違約金の支払いが必要になることはありませんし、契約前の審査もありませんので、気楽に使えるのがメリットです。

コピー機をレンタルする上でつきものとして、期間中のメンテナンスの問題が挙げられます。紙詰まりやトナー交換などはやはり短期間であっても必要ですし、場合によってはより深刻な故障の修理もあり得ますので、なにも手当てをしないわけにはいきません。この場合の方法ですが、最初から料金のなかにメンテナンス分が含まれていることもありますし、逆にコピー機本体のレンタルとあわせてメンテナンスの契約を別に結ぶことができるパターンもあります。別途契約する場合には、たとえばコピーしたカウント一回あたりいくらといった単価が決められているなど、料金体系が単純化されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *