在宅勤務などでコピー機が必要になった時は、レンタルで導入してみるのが簡単です。

印刷する量が少ない場合や自分でメンテナンスが出来る方、モノクロ印刷などしかしない場合には家庭向けのものを購入するのも良いですが、サイズ感などが合わないケースもあるので、特に初めてコピー機を導入する場合にはレンタルで使用感などをたしかめるとより納得してコピー機を使う事ができます。コピー機を導入する方法には他にもリースと言う方法があります。こちらは同じ機種を契約を行った一定期間使い続けることを条件に、月々の利用料金を安くできる方法です。

同じ機能のみを使い続ける場合など自分にあった機種が判っている方には向いていますが、新しい機能を利用したい方には途中解約の場合に違約金が出てしまう事があるので向いていません。また契約には審査が必要になるため、いますぐ必要な場合にも利用できない方法です。

その点レンタルであれば1日単位から審査なしで借りることが出来るので、様々な機種をためして自分にあったものを見つけたい方や短期間使いたい方に向いていますのでスピーディーにコピー機を導入したい方におすすめできます。レンタル会社は、インターネットで検索をかけることで見つける事が可能です。カラー複合機や大型プリンターなど様々な機種が用意されている会社や、長期レンタルへの移行が出来るところなど会社によってサービス内容が異なりますので、比較して使うとお得に利用できますので参考にしてみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *