現在のオフィスのなかでの必需品を挙げればきりがありませんが、なかでも使用頻度の高さや効率性でいえばコピー機にまさるものはないといえるでしょう。

コピー機があれば手元にある文書をいつでも、また何枚でも複写することができ、手作業で行っていた時代にくらべると格段の生産性の差を生んでいます。それだけに気をつけておきたいのはコピー機の価格の高さであって、機能が充実している製品ほど高くなってしまうのもやむをえないところです。そのためさまざまな企業や団体でもコピー機をできるだけ安い価格でオフィスに迎え入れる方法に腐心しており、そのなかのひとつにレンタルやリースといった方式の採用があります。

コピー機のなかでもレンタル方式を採用する場合の特色として、リースとは違って事前の審査が必要ないほか、借りる期間を数日から数週間程度の比較的短期であっても契約ができる点が挙げられます。そのかわりに長期的な使用であればリースのほうが安上がりになることがありますが、それでも事前審査不要というメリットのほうを優先して、あえてレンタルを採用するケースもみられます。レンタルの場合の機種選定ですが、リースとは違ってあくまでもレンタルショップの在庫のなかからのセレクトになるため、顧客サイドで自由にメーカーや機種などを指定できるわけではありません。それでも最近ではショップのほうでも複合機などの新製品を置いていることが多く、オフィス専門店であればそれほど困ることはないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *